◆◇◆ハーブティー◆◇◆

ハーブティーソムリエがおすすめするハーブティー生活

効果的なハーブティーの飲み方

      2016/04/29

せっかくのハーブティー生活を始めたのなら効率的に摂取した方がよりよいでしょう。

ここではハーブティーを効果的に飲む方法を紹介します。

ハーブティー28

 

○アイスではなくホットで飲む

冷たい飲み物は体を冷やすため消化不良やむくみ、肌を老化させると言われています。

また温かい飲み物には心を落ち着かせるリラックス効果もあるのでハーブティーはホットもしくは常温がおすすめ。

 

○硬水よりも軟水

ダイエットや美肌など女性にうれしい効果がある硬水ですが、ハーブティーは軟水の方がおすすめです。

硬水を使用すると抽出される色や香り、成分に変化が起きてしまいます。

 

○1日2杯~5杯ほどを間隔をあけて飲む

ハーブティーは一度にたくさん飲んだからといってすぐに効果がでるわけではありません。

なぜならハーブティーの有効成分は飲んだ数時間後に尿とともに排出されてしまうからです。つまり1日で2杯~5杯を目安に間隔をあけて飲むことが効果的です。

 

普段使いにはドライハーブを

ハーブティーにはフレッシュハーブとドライハーブがあります。フレッシュハーブとは乾燥させていない生のハーブの事をいいます。市販ではあまり売ってないため入手しづらいです。新鮮なので香りが強いハーブティーができます。ドライハーブは一般的にハーブティー用に販売されているハーブです。ドライハーブは乾燥されているぶん成分が凝縮されていて色や味が出やすいです。

それぞれよい点がありますが、ドライハーブの方が入手しやすく淹れやすいので普段使いにはドライハーブをおすすめします。

 

○無理して飲まない

ハーブティーにはリラックス効果があります。そのため体に良いからといって無理に苦手な味を飲むことではリラックス効果を得られません。

美味しいと思うハーブティーを飲むことが理想です。

しかし苦手な味だけどどうしても飲みたい場合は、薄めに抽出したものから始めるとよいです。他にも飲みやすいハーブとブレンドして飲む、はちみつを入れて飲むという方法があります。

 

○淹れる時間飲む時間を楽しむ

ハーブティー生活を最大限満喫するには、淹れる時間も楽しむ!

面倒かもしれませんが、ハーブティーを入れる時にまずお気に入りのティーポットとティーカップを温めてから淹れるなど少し凝った淹れ方をしてみると雰囲気が出て楽しいかもしれません。また抽出時間もあえてなにもせずにハーブが抽出されるのを見ながら香りを楽しむのもいいですね。

毎回は無理かもしれませんが、時間のある時やリラックスしたいときに楽しんで淹れるとハーブティーの持つ癒しの力を最大限に堪能することが出来ます。

 

ハーブティー26

 

 

 - 未分類